エコカーを購入した理由に燃費が良い事やエコカー減税で税金が安い事、それによって維持費が安い事がありますが、それ以外に数年毎にかかる車検代もその時になると出費が・・・と考えてしまいますよね?

車検代を安くする方法としてディーラー以外で車検をする場合のメリットやデメリットを考えてみたいと思います。

まず、車について知識があり時間も融通が利くようであればユーザー車検が一番安くできます。自分で検査場へ行って自分で手続きしながら作業する訳ですから手数料がかかりません。法定費用よ呼ばれる「重量税」「自賠責保険料」「印紙代」しかかかりません。ちなみにこれらの費用はどこで車検を受けようが必ず必要になります。

たまに車検代2万円とか広告がありますが、この費用は法定費用を除いた車検基本料と呼ばれる「24か月点検整備」「検査代」「代行手数料」等々ですので、間違えないように。

ホリデー車検。1994年に全国で初めて、お客様立会いでの短時間車検ビジネスモデルとして誕生していますので、ご存じの方も多いと思います。現在では北海道から沖縄まで全国約270店の整備工場で、サービスを提供しておりますので、お近くにもあると思います。

特徴として、車検を格安で行いますのでディーラーと比べて車検の時間も短く、サービス内容もちょっぴり劣ります。こちらはお客様の立ち会いで約60分で車検を行いますので代車が不要で、その間に精算も済ませるので手間もかかりません。但し、洗車はしてくれません。。。でもディーラーよりは安くなります。

余談ですがディーラーでは車検以外でも車の整備を依頼すると洗車してくれる場合が多いです。メリットは何でしょうか?お客様サービスもありますが、他にも理由があります。街中を綺麗な状態の車で走る広報車、その車を知らないお客様が興味を持った時の印象が良くなります。等々理由はありますね。

オートバックスやイエローハットでの車検。こちらもホリデー車検と内容や価格は変わらないと思います。メンバーカードがあれば、ポイントが付くことがメリットでしょうか?ホリデー車検との違いですが、ホリデー車検は元々が整備工場が加盟店としており、カー用品店のオートバックスやイエローハットとは違います。店によっては整備士のレベルが違いますので、当たり外れが多いとの報告もあります。

ディーラーより費用が安いからって注意する点もあります。費用が安いには当然理由があります。そもそも車検とは先の2年を保証するものでなく、現状問題がないか審査するものです。法規に則った箇所は点検してくれますが、それ以外はチェックしません。新車からの初検(3年目)等では良いですが、10年落ちとなるとやっぱりもっと見て欲しい・・・との思います。

ディラー車検は立場的に車検整備の時に、先を見越した整備 (予防整備) を勧めてくるので割高になることが多いです。2年間持たないと判断した部品は交換します。オイル交換、ワイパー交換、バッテリー交換等々。面倒くさい人はディーラー車検が無難ですね。

また、ハイブリッド車の場合、専用の診断機でチェックします。ディーラー以外では備えていないお店もありますので、心配ならディーラー車検でしょうか。