燃費の基準 JC08モードか10・15モード

燃費が○○Km/Lとカタログ等に表示されています。実はこの燃費表示が10・15モードなのかJC08モードなのか確認する必要があります。以前は10・15モードで測定した燃費を表示していましたが、あまりにも実燃費と乖離があると言うことで新しくJC08モードで測定した燃費を2011年4月以降は表示するようになっています。(と言っても乖離はまだまだありますので何でこんな中途半端に変えたのか不思議です。)最近の新車の燃費はJC08モードですが中古車の燃費を調べる場合は注意が必要です。

燃費の基準 JC08モードか10・15モード

例えば、アクアの場合10・15モード:37.0~40.0km/L、JC08モード:33.0~37.0km/L、となっています。JC08モードで乖離が少なくなったか、と言えばまだ乖離があり、実燃費は乗り方次第ですが平均して2割下回っています。(平均しての値ですので乗り方次第ではもっと下回ります。)

注意点をまとめると、2011年4月以降に発売している車の燃費はJC08モードですので、これ以降発売になった車の燃費を比較するにはそのまま比較しても問題ありません。しかし、例に出したアクアのように発売中に燃費の表記が変わったり、2011年4月以前の中古車とこれ以降の中古車を比較している場合には注意しましょう。

エコカーの実燃費

エコカーの実燃費

実燃費はe燃費で確認できます。あなたの車の燃費は平均以上でしょうか?と言ってもカタログ通りの燃費を達成するのは非常に困難です。この点を理解した上で燃費を見ていきましょう!また、車の燃費計でも燃費は分かりますが、満タン法で測定する場合よりも1Km/L程度良い値を表示する車種もありますので、実燃費は満タン法で確認するのがベターです。

実燃費はアナタの使用環境で全く違ってきます。e燃費の値を比較するとき使用環境を考慮すべきです。都会の渋滞、田舎の信号の少ない道、高速道路・・・同じ車でも変わります。運転方法でもブレーキを多用し急減速・急加速する人、アクセルのON/OFFでスピードをコントロールできる人・・・

都会の渋滞ではハイブリッドカーが有利ですし、田舎の信号が少ない道ではハイブリッドカーでもガソリン車でも差が少ない。(購入時の車両価格差を考えれば、ガソリン車の方が有利かな)、等々・・・