ウィンドウに付着した氷や霧の溶かし方

ウィンドウに付着した氷や霧の溶かし方

解氷スプレー

これからの冬の季節になると雪が降らない地方の方でも夜仕事が終わって車に行くとウィンドウが凍っている、早く帰宅したいのに・・・なんて経験ありませんか?特に残業で遅くなり早く帰宅したい時なんて解氷させるのはすごくユウツです!

解氷スプレーが役立ちます

ウィンドウに付着した氷や霧を溶かす場合、暖気運転して暖房を入れて溶かすことが多いかと思います。そして早く溶かすためにワイパーも同時使用で時間短縮・・・これが一般的な方法でしょうか?でも、できれば早く瞬時に溶けたら嬉しい・・・こんな風に思っていませんか?こんな時に役立つアイテムが解氷スプレーです。各社からたくさん発売されています。使うと病みつきになりますよ。

KUREから発売中の「アイス・オフ」。こちらは溶解力と噴射力で、クルマのウインドウに付着した氷や霜を瞬時に溶かすというアイテム。しかも特殊成分SPR-GLが配合されているので、溶かした氷が再び凍結するのも防止できるというものです。また、特殊形状のキャップをスクレイパーとして活用できたり、カギ穴にも使用できるようエクステンションチューブが付属されていたりする等、冬場は車に常備しておきたい逸品です。

他メーカーの解氷スプレーはこちら 解氷スプレー

撥水加工をする

撥水加工は少しだけウィンドウの凍結がしずらくなりますのでプチ有効手段です。新車で車を買うと撥水加工がオプションで選べる場合があります。ディーラーで施工してきますが、個人でも簡単にできます。例えば、ソフト99の「ガラコ」は超ロングセラー品です。撥水加工は走行中もスピードによってワイパー不要になるメリットがあります。デメリットは持続が長くないので(値段によっても変わってきますが)塗り直す必要がある事。まあ、忘れても水はじきが悪くなったなぁ・・・で済みますので実害はありません。

合わせてウィンドーウォッシャー液も撥水加工したメーカーと同様品にすると良いです。ウィンドウに付着した氷や霧の溶かし方とは違ってきますが、ウィンドーウォッシャー液は水が入っており冬場だと凍結して出ない場合がありますが、ガラコウィンドーウォッシャー液などは気温がマイナスになっても凍結しない液体を使っておりますので、安心です。

雪が降った道だとガラスが汚れウィンドーウォッシャー液を使う機会が多くなります。こんな時に出ないと視界が悪く危険です。特にスキーやスノボに行く方で普段は雪とは無縁の地域の方は要注意ですぞ。

他メーカーの撥水スプレーはこちら 撥水スプレー

Sponsored Link