GW前に車の点検を

最近のニュースで、タイヤ空気圧が減ったまま走行している人が増えている、と話題になっています。セルフスタンドの増加によって空気圧を点検する機会が減り、気づかなくなっているのが原因。

昔は主流だった有人形式のスタンドで店員がタイヤ空気圧を点検、減っていれば補充してくれました。しかし、今はでも誰もやってくれません。。。

これからのGWに向けて、お出かけする前にもう一度空気圧の点検をしてみましょう!セルフスタンドでも点検や補充は無料で自分で出来ます、ディーラーに行って点検するも良し、自宅で空気を入れるのも良し、です。

ちなみには私は、自宅で入れています。簡単にできるエアーコンプレッサーが2000円、電源はDC12Vのシガーソケットから。通販でも購入できます。

エアーコンプレッサー

実際に使用した印象ですが、電動で空気を入れるので簡単なんですが音がちょっとばかし大きいです。そして220kPaから260kPaまでは約30秒程、バルブはねじ込み式。脱着時のエアー漏れも思いの外少なく実用上は○です。

夏場はガソリンスタンドへ走行する間にもタイヤ温度が上がってしまうので、自宅でタイヤが冷えた状態いで測定できるメリットは大きいと思います。

点検頻度は1ヶ月毎がベストですが、2か月毎でもタイヤに異常が無ければそれ程減りませんから問題にはなりません。しかし、半年もチェックしないと結構減っていますので、心当たりの人は今すぐ点検を。

ただ、この製品は空気を補充する程度のコンプレッサー容量しかありませんから、あまりに空気が減ったタイヤには厳しいかも知れません。一年間休眠したスタッドレスタイヤだと100kPa程度まで減っていることもありますが、それは大丈夫だと思います。