部品メーカーのタカタ製エアバッグの不具合による自動車リコール(回収・無償修理)問題で、ビー・エム・ダブリュー(東京・千代田)は5日、乗用車「BMW318i」など18車種、計9万9743台(1999年4月~2006年8月製造)のリコールを国土交通省に届けた。

国交省によると、対象台数は国内分を含む全世界で約160万台。タカタ製エアバッグによるリコールは、これまでに判明しているトヨタ自動車やホンダなど国内メーカー分を含めると全世界で約950万台に拡大した。

ビー・エム・ダブリューは昨年5月にもタカタ製エアバッグの製造不良を理由にリコールを届けたが、今回は高温多湿な環境で長期間使用するとエアバッグが破裂・出火する可能性があると説明。不具合や事故の報告はなく、予防的な措置という。

米国ではフロリダなど高温多湿な地域でエアバッグが破裂するなどの事故が相次ぎ、米政府が今年6月から気候との関連を調べている。