一般社団法人日本自動車販売協会連合会によると2013年の軽自動車販売比率が40%になったとの事。日本では軽自動車しか売れない時代になってきたのか・・・

軽自動車には税金面で優遇処置があるし、維持費が安いといったメリットがあるため売れていると思うのだが、これだと軽自動車以外の国産車はますます売れない→軽自動車以外の開発は減っていく→外国車との競争力が無くなっていく。軽自動車の規格は日本だけなんで輸出もできない。いわゆる「ガラ軽」状態に向かっている。

今年のカーオブザイヤーはVWのゴルフが選ばれ、外国車として初受賞だった。フィットが2位に入っているが、競争力が無くなっている証拠ではないだろうか?株価も年始より1.5倍にアップしている。景気も上向き傾向だから軽自動車以外を購入するようにしてはどうだろうか?