消費増税前に車も売れているけど、販売データを見て唖然とした。つまり、台数だけ見ると「景気も回復してきたなぁ」程度なんですが、その内訳をみると元気なのは軽自動車だけ。普通車はそれほど回復している兆しがありません。新車販売登録の内、軽自動車の販売比率は約4割にも達します。

エコカー減税を含めるとフィットやアクアとの費用の差は歴然としており、車内の広さも窮屈ではない広さなどと、実用性もそれほど問題にならないですからね。事故した時の安心感は軽自動車には無いでしが。

でも本当にこれでいいのか日本の自動車。走る楽しみを忘れている・・・車を単なる移動手段としての物としか考えていないのだろうか?