軽自動車だから軽油? なんと1ヶ月に269件、給油すべき燃料を間違えた!

ガソリンスタンド

「軽自動車は軽油だ」なんて冗談で言ったことはあっても実際に入れることはないですよね?しかし、JAFから驚きの発表がありました。

2015年12月の1ヶ月間で、ドライバー自身が燃料を入れ間違えたとしてJAFへ救援依頼した件数が269件、実際にはドライバーが入れ間違いに気付かず、走行不能などのトラブルとなって救援依頼されたケースも考えられるため、実際にガソリンを入れ間違えるドライバーの数は、さらに多いことが予想されるとのことだ。

都道府県別の燃料入れ間違えJAF救援依頼上位地域としては1位東京・神奈川、3位大阪の順となっている。入れ間違いの原因としては、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」「軽自動車は軽油と思った」といったものが多く、ドライバーの認識不足や勘違いがトラブルに繋がっているとのこと。

つまり、首都圏などが上位に入っている理由が、レンタカーやカーシェアリング、社用車などマイカーではないクルマに乗る比率が高いことが考えられます。GWにレンタカーを借り人も多いと思いますが、燃料の種類は事前に確認するようにしましょう。

ちなみに、もし燃料の入れ間違いを行うとどうなるのか?

JAFによると、ガソリン車に軽油を入れた場合は、軽油の混ざったガソリンが供給されると、エンジンの出力が下がり、加速が鈍くなる。そして、アイドリングも不調になる。さらに、100%軽油だけを入れてしまうと、黒い排気ガスが出るようになり、やがてエンジンが止まってしまうとのことだ。

また、ディーゼル車にガソリンを入れた場合は、最初のうちエンジンはかかっているが、すぐに力がなくなってくる。そしてエンジン音は高くなって、アイドリングも不安定となり、排気ガスは白くなってくる。こうなると噴射ノズルや燃料ポンプの交換が必要になる場合もあるようだ。

軽油とガソリンの混合比によって、入れ間違い後の症状に差があり、エンジン始動が不可能になる場合もあるとのこと。

いずれの場合もエンジン始動前にすみやかに燃料を入れ替えれば大きな問題はないので、万が一うっかり間違えて給油してしまった場合は、エンジンをかけずに対応してほしいとの事。[gads]