-1.3L新開発エンジンの搭載により、燃費25.0㎞/Lを達成-

TOYOTAは、ヴィッツをマイナーチェンジし、全国のネッツ店を通じて4月21日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、ハイブリッド開発で磨いた燃焼技術を生かした高熱効率・低燃費エンジンを採用することで走行燃費25.0km/Lを実現。内外装は「Lively」をテーマにスポーティさと上質感を表現したデザインに一新。エクステリアはシャープかつ存在感を感じさせるスタイルを表現するとともに、インテリアは広範囲に渡りデザイン・素材を変更し、上質感を追求している。

また、ベーシックな「F」、華やかさを表現した「Jewela」、上質感を追求した「U」、スポーティな「RS」と、従来型と同様に4つのグレードを設定し、それぞれの個性を強調する改良を施した。

▽ 1.3L新開発エンジン(1NR-FKE)に、ハイブリッド車に採用しているアトキンソンサイクルのほか、クールドEGR*4、VVT-iEなどを採用し、さらなる燃焼改善と損失低減を追求することで世界トップレベルの最大熱効率38%を達成。さらに、1.3Lエンジン搭載車(2WD)はアイドリングストップ機能(Toyota Stop & Start System)を標準装備することで、走行燃費25.0㎞/L(従来型比+3.2km/L*1) [CO2排出量:93g/km]の低燃費を実現。「平成27年度燃費基準+20%*7」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*8」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の免税(100%減税)の対象
▽ 1.0Lエンジン搭載車は、圧縮比の向上などの燃焼改善や低フリクション化などの損失低減を実現した高熱効率・低燃費エンジンを採用することで、全車「エコカー減税」の対象。さらに、アイドリングストップ機能付の“SMART STOPパッケージ”では燃費性能を一層向上
▽ 1.5Lエンジン搭載車についても、燃焼改善を実施するとともに、新設定したアイドリングストップ機能付の“SMART STOPパッケージ”は「エコカー減税」の対象

報道発表資料より抜粋。

TOYOTAは先日発表したパッソで27.6km/Lをマーク、今回のヴィッツで25.0㎞/Lを達成し、燃費競争に拍車がかかっています。特にヴィッツは1300CCで燃費が25.0㎞/Lなので、フィットのガソリン車1300CCの燃費26.0㎞/Lのライバルになりそうです。車両価格帯も同じですのでデザインと実燃費が購入の決め手になるのかな。

ハイブリッド車の競争は落ち着き、これからはガソリンエンジン車の競争が始まりそうです。

ただ最近思うのですが、これだけ燃費競争になると走る楽しさの車が出てこなくなってしまうのでは?と。

しかし、このヴィッツでは走りを楽しみたい人向けにTOYOTAは、スポーツモデルG SPORTS(G’s)シリーズをラインナップしています。1500ccで109psと1300ccよりも走り志向になっています。

エコカー減税は免税ではないものの、走る楽しみを味わいたい人向けの車として選択するのもありだと思っています。