三菱自動車は6月12日、『eKワゴン』などのライトスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『eKワゴン』『eKスポーツ』『eKクラッシィ』『eKアクティブ』『パジェロミニ』『パジェロ』『パジェロ イオ』『コルト』『ランサー』『グランディス』『エアトレック』『オッティ』の12車種で、2003年7月31日~2008年4月18日に製造された計70万3888台。

ライトスイッチの基板を固定する台座の構造が不適切なため、熱膨張・収縮の繰り返しにより、台座と基板間のはんだ部に亀裂が発生するものがある。そのため、亀裂部が一時的に導通不良となり、最悪の場合、方向指示器、前照灯等が不灯となるおそれがある。

ライトスイッチが工場組付仕様の車両は、台座アセンブリを対策品に交換する。後付用品組付の車両は、ライトスイッチを対策品に交換する。

不具合発生件数は332件、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

出典:Response