TOYOTA、パッソをマイナーチェンジし、燃費性能でガソリンエンジン登録車トップの27.6km/Lを実現。4月14日から発売しました。

今回のマイナーチェンジでは低燃費を追求し、1.0L・2WD車(除くX“V package”)でガソリンエンジン登録車トップ*1の27.6km/L*2(CO2排出量:84g/km)を実現。従来型から燃費を約30%向上*3し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*4」の認定を取得し、「エコカー減税」の免税(100%減税)措置の対象となっている。さらに4WD車においても燃費を向上し、減税対象となった。

具体的には、最大熱効率*537%を実現した1.0L高熱効率・低燃費エンジンを搭載。圧縮比の向上、低フリクション化、バルブタイミングの最適化を図ったほか、クールドEGR*6、エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用により、熱効率を最大化。さらに、減速時のエネルギーをバッテリーにためる回生機能の強化や空力性能の改善を施すとともに、1.0L・2WD車(除くX“V package”)に停止前車速 約9km/hでエンジンを停止するアイドリングストップ機能(Toyota Stop & Start System)を標準装備するなど、燃費向上技術を多数採用している。

また、デザインでは「パッソ X、G」と「パッソ +Hana」の2つの個性を追求。「パッソ X、G」はワイド感と低重心を強調したフロントバンパーや切れ長感のあるヘッドランプにより、端正なフロントビューを実現。「パッソ +Hana」は丸いモチーフのアッパーグリルやフォグランプとロアグリルを連続させた特徴的なデザインを採用するなどかわいらしさを表現。2つの個性を際立たせるとともに、上級仕様の“G package”をそれぞれに設定するなど幅広いお客様に選んでいただける仕様とした。

報道発表資料より抜粋。

さて、アクアやフィットHVのように燃費が良い車種は実燃費との乖離が非常に大きいです。今回のパッソも27.6km/Lをマークしていますが、どこまで乖離が少なくなるかが問題です。ただ、エコカー減税100%であり、ハイブリッド車よりも価格が安い点で非常にコストパフォーマンスは良いので、乖離があったとしても、割り切れるのではないでしょうか?