エコカー減税補助金の延長と自動車税について。政府が燃費性能の優れたエコカーの新車を購入した際に翌年の自動車税と軽自動車税を減税する制度を1年延長し、2016年度も続けるようになります。現行制度は15年度末までに購入した車が対象で、打ち切れば販売面への影響が大きいと判断。

エコカー減税補助金の延長と自動車税の概要について(2015年以降分)
・自動車取得税:2015年4月1日~2017年3月31日
・自動車重量税:2015年5月1日~2017年4月30日
・自動車税(軽自動車税):2015年4月1日~2016年3月31日までの新車登録車

自動車税と軽自動車税は、車の保有者が年1回納める地方税。自動車税は排気量によって異なり1台当たり2万9500~11万1千円、軽自動車税は一律1万800円となっている。減税延長で16年度は自動車関連の税金が大幅に上がることはなさそうですね。

自動車税とは?

自動車税とは、毎年4月1日午前0時の時点で自動車の所有者、もしくは使用者に対し課税がなされる税金のことです。売買等で自動車を取得した取得者に対して課税される税金のことです。

税額は車種や排気量で異なり、一部の低公害車(電気自動車やハイブリッドカー等)には税額の軽減処置がとられています。

自動車税の納付は、毎年5月に管轄の自動車税事務所や都税総合事務センターから自動車税納税通知書が送られてきますので、指定の期日までに納税を行って下さい。現在は一部の地域ではクレジットカードによる納税もできるようになっています。但し、手数料が発生しますので、ポイントやマイレージを貯めたい人には嬉しい?制度です。

エコカー減税とは

ハイブリッド車や電気自動車など次世代自動車や国土交通省が定める排気ガスと燃費の基準をクリアした環境性能にすぐれた車に対する、自動車税、自動車重量税、自動車取得税の優遇処置の事。

国土交通省が定める排気ガスを燃費の基準は「平成32年度燃費基準」「平成27年度燃費基準」「平成17年度燃費基準」があり、これらの車を購入すると税金が安くなるという事です。

当サイトの上部にある、長丸ステッカーが車に貼ってあれば対象になります。なお、中古車の場合は新車と違ってきますので、詳しくは販売店に確認下さい。また、詳細は国土交通省のHPでも確認できます。

エコカー補助金と延長とは

平成27年度燃費基準達成または平成22年度燃費基準25%超過達成車を購入し、一年間使用する者に対して、補助金が交付される制度です。普通車が10万円、軽自動車が7万円。

申請受付期間は、平成24年4月2日(月)~平成25年2月28日(木)。なお、申請総額が予算額を超過しましたので、平成24年9月21日(金)をもって受付を終了しいます。しかし、2015年は「エコカー補助金」または「自動車補助金」は、クリーンエネルギー自動車等導入費補助金(CEV補助金)として復活しました。補助金交付申請期間は2015年3月9日から2015年10月7日までとなります。