イエローハットが、グループで初めてとなる専売低燃費タイヤ「ECOFINE(エコファイン)」を8月1日に発売する。価格はオープンプライスで、サイズは145/80 R13 75S~215/60 R16 95Hの20種類。全サイズでJATMA(日本自動車タイヤ協会)によるタイヤラベリング制度の転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「c」に適合している。サイズは以下。

◆16インチ
175/60 R16 82H
195/60 R16 89H
205/60 R16 92H
215/60 R16 95H

◆15インチ
175/65 R15 84H
185/65 R15 88S
195/65 R15 91H
205/65 R15 94H
185/60 R15 84H
165/55 R15 75V

◆14インチ
165/70 R14 81S
175/70 R14 84S
185/70 R14 88S
155/65 R14 75S
175/65 R14 82S
185/65 R14 86S
165/55 R14 72V

◆13インチ
145/80 R13 75S
155/80 R13 79S
155/65 R13 73S

エコカー燃費ランキング

全国のイエローハット、モンテカルロ店舗で新たに販売されるエコファインでは、専用開発した「エコファイン用ゴム」を採用。ゴム内部でシリカとポリマーを効率的に結合させ、発熱を抑えて転がり抵抗を抑えつつ、トレッド面にしなやかさを与えて路面上の微細な凹凸に密着させることで安定したウェットグリップを発揮させる。また、タイヤ幅により、175以下では4リブ、185以上では5リブのトレッドパターンを採用し、装着する車両に適したパフォーマンスを引き出せるようにした。

これに加え、タイヤ側面のサイドウォールに新プロファイルを採用。コーナーリングなどの横Gでタイヤに荷重がかかって変形するときに、力を均一に受け止めてたわむことでキビキビ感のあるハンドリング性能と操縦安定性を実現する。

ecofineは実はYOKOHAMAタイヤが国内で生産する。専売タイヤだからと言って海外製でもない。価格はオープンプライスだが、国産メジャータイヤよりは安くなりそうです。経費を安くでも性能は落としたくない、と思ったらecofineも候補の1つにしてはどうだろうか?