アマゾンで中古車を購入する時代へか?価格は33万~55万円、返品も可能。

「寝ている間に中古車が売れるなんて」。ネクステージの山口慎也WEBマーケティング課課長は驚きを隠さない。「営業も必要ない。夜中の2時に売れた車もあった」

中古車販売中堅のネクステージは6月3日、オンラインストア大手アマゾンで中古車の販売を開始した。日本のアマゾンで中古車が売られるのは初めてだ。

現状、中古車販売では「カーセンサーnet」(リクルート)、「Goo-net」(プロトコーポレーション)と2大紹介サイトに存在感があるものの、両サイトはあくまでもネットの顧客を販売店へ誘導するのみ。楽天やヤフーなどでネット販売も行われているが、諸経費が含まれていなかったり、在庫状況がリアルタイムに反映されていなかったりするほか、多くは商談の窓口としての利用にとどまっている。

業界全体で見ると、中古車のネット販売は広がっているとはいえない状況だ。そもそも、1台1台状態が違う上に、さまざまな手続きが必要な中古車のネットで販売するのは難しい、というのが業界内での見方だった。

◆必要な書類は郵送

ネクステージ自身もこれまでネット販売を行っているが、在庫検索の域を出ていなかった。そこで、ネットでも中古車を買えるように工夫を凝らした。

まず、これまで中古車を扱っていなかったアマゾンを選んだ。自社の直営サイトに比べて出店料はかかるが、それを補うアマゾンの集客力や信用力が魅力だ。

そのうえで価格を税込33万円、44万円、55万円の3つに固定。この金額には、税金、名義書き換え、車庫証明などの登録諸経費、配送料(関東、中部、関西以外は別料金)などを含んでおり、購入者の総負担金額を明確にした。

実物を見ないで買う不安を取り除くために、全車のタイヤ、バッテリー、ブレーキパッドなど8つのパーツを新品に交換。1年間、走行距離1万キロメートルの保証を付けた。さらに、納車から1週間以内は返品可能(ただし、手数料など3万円が必要)とした。

また、アマゾンの他の商品と同様に“ワンクリック”で中古車の購入を可能にした。決済完了後にネクステージが書類を郵送する。書類を郵送し購入者が記載の上で返送すれば、同社がナンバー登録などの諸手続きまで行う。手続きが完了すれば、購入者の自宅に車両が届く。ここまで原則追加料金は発生しない。ちなみに、アマゾンの段ボールではなく、トレーラーで輸送されてくる。

アマゾンのサイトをのぞいてみると、年式や走行距離はバラバラ。同じ55万円でも「ワゴンR」など軽自動車からスバルのSUV「レガシィ」のように新車時ではまったく違う価格帯の車が並んでいる。

中古車の場合、値段だけなら10万円台のものもあるが、質は必ずしもよくない。ネクステージの販売する車は、諸手続込みで、消耗品を新品に交換した上で、1年間の保証を付けている。ネットでは、店舗にかかる建物のコストや営業人件費、広告宣伝費などがカットできるため、浮いた分を消耗品の交換などに充てているのだ。在庫の車両の置き場や整備工場はネクステージが持つ施設を有効利用することで、この価格での中古車販売が可能となった。

ただ、リスクもある。返品率が高くなったり、保証期間の故障が多く整備費用がかさんだりすれば、採算が合わなくなる。また、安定的な仕入れができるかどうかもポイントとなる。仕入れは中古車オークションが中心だが、円安下で中古車の輸出需要は活況。その反面、消費増税の反動減などで新車販売が鈍る中、オークション市場への出品点数は減少傾向にある。中古車のオークション相場が上がりやすいことは懸念材料だ。

◆リスクの少ないアマゾン

それでも、本格的な中古車のネット販売に取り組むのは2つの理由がある。

一つは、販路の拡大だ。従来の中古車販売で成長を目指すには出店拡大しか方法がなかった。が、大手軒並み出店を強化しており、優良物件の取得は難しい。出店ペースに合わせて店長や営業要員を教育・育成していく必要もある。ネット販売を軌道に乗せることができれば、成長の可能性は一気に広がる。

もう一つは、ライトユーザーを獲得するためだ。中古車販売店の顧客の大半は自動車に詳しいユーザーで、そもそもライトユーザーにとって来店の敷居自体が高い。こうしたライトユーザーを取り込み、もっと高い中古車にステップアップしてもらう。

アマゾンにとってはメリットが大きい。販売するための「場」と決済システムを提供しているだけなので、根付かなかったとしても、在庫リスクなどがあるわけではない。それよりも、中古車のネット販売がうまく定着すれば、その他の高額商品の取り扱いにも道をひらくことにもなる。

出典:東洋経済ONLINE