4/3にマツダからアテンザとアクセラのリコールの届け出がありました。

不具合の部位(部品名):電気装置(エンジン制御コンピュータ)

原因:減速エネルギー回生システムにおいて、キャパシタの故障判定プログラムが不適切なため、キャパシタが正常であるにもかかわらず、故障と判定し、オルタネータの発電を停止して、充電警告灯が点灯するとともにディスプレイに「充電システム異常」と表示されることがある。

そのまま走行を続けると、バッテリ電圧の低下により、段階的にエンジン警告灯の点灯や加速不良となり、最悪の場合、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

改善措置の内容:全車両、エンジン制御コンピュータのキャパシタ故障判定プログラムを書き換える。

不具合件数:42件

事故の有無:無し

対象台数:27,627台

「アテンザ」

上段:形式
下段:車台番号と製作期間

DBA-GJEFP
GJEFP -100006~GJEFP -102879 平成24年10月2日~平成25年11月28日 2,807台
DBA-GJEFW
GJEFW -100009~GJEFW -101948 平成24年10月2日~平成25年11月28日 1,900台
DBA-GJ5FP
GJ5FP -100003~GJ5FP -101829 平成24年10月31日~平成25年12月4日 1,781台
DBA-GJ5FW
GJ5FW -100004~GJ5FW -101039 平成24年10月31日~平成25年12月4日 1,009台
LDA-GJ2FP
GJ2FP -100015~GJ2FP-109055 平成24年10月23日~平成26年1月9日 8,778台
LDA-GJ2FW
GJ2FW -100012~GJ2FW-109765 平成24年10月17日~平成26年1月9日 9,497台

「アクセラ」

上段:形式
下段:車台番号と製作期間

DBA-BMEFS
BMEFS-100017~BMEFS-101954 平成25年9月4日~平成25年12月13日 1,855台

ハイブリッド車のリコールが増える傾向にあります・・・