フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、国内唯一となる5ナンバー 4ドアハッチバックEV(電気自動車)『e-up!』を日本に導入、2015年2月1日から受注を開始すると発表した。価格は366万9000円。納車は年央の予定。

e-up!は、全長3.54mのシティコミューター『up!』をベースに電動化したEV。エネルギー容量18.7kWhのリチウムイオン電池を床下にバランスよく配置し、高い安定感と上質な乗り心地を実現する。

バッテリーは、204個のセルで構成。最大出力60kW(82ps)、最大トルク210Nmの性能を持つ小型モーターに最大374Vの電圧を供給し、12.4秒で時速100km、最高速度の130km/hまで力強く、スムーズに加速させる。

満充電時の航続可能距離は185km(JC08モード)。また、「Normal」「ECO」「ECO+」の3つの走行モードを用意し、より省電力な走行を行うことで、航続距離を少しでも長く伸ばすことができる。

さらに、4段階の回生ブレーキシステムを搭載するほか、200Vの普通充電ポートや日本の急速充電規格「CHAdeMO」用の充電ポートを標準装備。充電量ゼロから満充電までに要する時間は200Vの普通充電で約8時間、急速充電では約30分で約80%充電することができる。

出典:レスポンス

いよいよVWからEV車が発売になります。概要は上記の通りですが、ちょっと気になる点があります。それは充電に関する事なんですが、200Vが必要になりますので持家の方であれば工事も問題なく出来ると思いますが、借家やアパート、マンションでは大家さんの協力が必要になり、手間がかかりそうです。

この電気工事はフォルクスワーゲンが推奨する家庭用充電器の設置会社として、これまで国内外の自動車メーカーで数多くの実績を持つ“株式会社JM”と“トヨタホーム株式会社”の2社に各家庭での施工確認、設置工事などに関するサポートまでの業務全般を委託することになりました。