先日、出張で香港と中国に行ってきました。ここ数年の間に香港ではプリウスタクシーを見かけるようになりましたが、中国(本土)では全く見かけません。同じ中国なのに・・・

そもそも香港は正式には「中華人民共和国香港特別行政区」と言います。1997年にイギリスから中国に返還されています。その影響もあって香港の車は右ハンドル&左側通行(本土では左ハンドル&右側通行)、言語も中国語以外に英語が話せる人が多いです。

今回の出張では香港でお世話になった方がプリウス(香港名:プリウスV)を所有しており、もうすぐ奥様がアクア(香港名:プリウスC)を購入するとの事でした。香港は国土が狭く中心街が慢性的に渋滞していますので、ハイブリッドーには最適な環境なんです。東京や大阪、名古屋といったイメージかな?しかし、まだまだハイブリッドカーは非常に少数ですが、普及し始めているためこれからプリウスを見る機会が増えてくるでしょう。

中国(本土)ではエコカーは全く人気ありません。中国(本土)では加速が良く速く走る車が重宝されています。燃費のことは誰も考えていません。だってガソリン代ってすごく安いから(粗悪でもありますが)エコカーは燃費が良いけど走らないでしょう?って言われます。全くその通りですから反論していませんけどね。国民性として何でも人より我先にって感じで行動しますので、エコカーなんて走らないしカッコ悪いって思っています。それに日本のように渋滞する地域は稀で信号なく高速運転する機会の方が多いのも理由です。

こちらでは日本車は一部の富裕層を除いては全くメジャーではありません。大衆車の外国車でメジャーなのはVWです。エコカーは残念ながらまだまだ普及しそうにありませんね・・・

なお、香港と中国(本土)は道路で繋がり深センに直接行けます。が、実際は個人では無理な状況です。専用のライセンスを取る必要がありその料金が非常に高額!個人レベルでの負担は無理なんで、香港から深センに行くプリウスを見ることは現実的にありません。