新型プリウスが発表されました。概要は前回の記事で書いたので割愛です。

日本では12月9日発売予定ですので、欲しい人は今から動かないと間に合わなくなります。特に今回の4代目プリウスのフルモデルチェンジでは初めて4WDも用意され、燃費は35.0km/Lとなっていますので、積雪が多い地方ではかなりの潜在的需要があります。

実際、今までプリウスが欲しかったけど、2WDしか無いから・・・と諦めていた人の予約が入り始めています。

もちろん、2WDもEグレードで燃費40km/L、売れ筋モデルのS、Aグレードでも燃費35km/L、とアクアの燃費37km/Lに肉薄しており、予約の入り方がすごいようです。

この週末にディーラーに行ってきましたが、やはり早く欲しい人は現車を見なくても注文しているようです。今回のラスベガスでのワールドプレミヤで公開されたことにより現車のイメージが分かり注文が入り始めています。

このような状況で早く新型プリウスが欲しい場合、今から行動を起こすなら仲が良いセールスマンにお願いし、見込みで発注している中に希望する色やグレードがあるか聞いてみることが最速です。

注)ディーラーではある程度の受注を見越して事前にメーカーに注文を入れます。これはお客さんの注文を確定してからでは納車が間に合わず、機会損失になるのを防ぐためでもあります。

私は以前、どうしても欲しい新車があってメーカー割り当て分(ディーラー割り当て分ではありません。)を無理言って回してもらい発売日に納車してもらいました。

ただ、このような場合には価格の値引きはあまりありませんので納期優先で割り切って考えた方が後々のセールスマンとの付き合いを考えるとベターです。

しかし、実際のところ知り合いのセールスマンなんていないよ!って人の方が多いと思います。その場合はディーラーを回って聞いていくしかないのですが、効率が悪いです。ディーラーに行ってもセールスマンが空いてなく待たされる事もしばしばあります。

となると、平日か休日の午前一番に行くことがベターなんですが1日に回れるディーラー数も限られてきます。

ではどうしたら良いか?

そんな時はWEBから見積もりを依頼しましょう。あなたの家の近くのディーラーから見積もりが届きます。その見積もりを持って交渉すればスムーズに運べます。

見積りはこちらのサイトから申し込みが出来ます。

見積りは現行型しか選択できませんが、どれかのグレードを選び内容を記入する時の「その他希望事項」って欄がありますので、ここに「新型プリウスの見積りを至急欲しい」と書きましょう。

Sponsored Link