新型プリウスのリコール

プリウスのリコール

トヨタ自動車は10月12日、制動装置(駐車ブレーキ)に不具合があるとして新型「プリウス」計21万2490台のリコールを国土交通省に届け出た。リコール対象車両の製作期間は2015年10月26日~2016年10月3日。

1.不具合の状況
駐車ブレーキにおいて、パーキングケーブルの固定方法が不適切なため、車両振動によりケーブルが作動レバーから外れ、駐車ブレーキが作動できなくなるおそれがあります。

2.改善の内容
全車両、パーキングケーブルのダストブーツ先端部にクリップを追加します。

注意:
1. 対象車の含まれる車台番号の範囲には、未登録車などの対象とならない車両も含まれますので、詳細については最寄りのトヨタ販売店にお問い合わせください。
2. 対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。[gads]