トヨタは、米国ネバダ州・ラスベガスで、新型プリウスを世界初披露しました!

新型プリウスは、スタイリングが大胆に変化。象徴であるトライアングルシルエットのデザインを継承しつつ、TNGAによる低重心パッケージを融合させ、先進的なデザインを実現。ルーフの頂点を20mm低くするとともに前出しし、エンジンフードも低く抑えることで、よりスタイリッシュなシルエットを実現した。ボディサイズは全長4540mm(従来型比+60mm)、全幅1760mm(同+15mm)、全高1470mm(同+20mm)、ホイールベース2700mm(同±0)となっている。

また、ハイブリッドシステムも進化。熱効率を40%以上に高めたエンジン、トランスアクスル、モーター、電池といった各ユニットを、よりコンパクトに、そして軽量化し、優れた低燃費を実現した。

さらに、ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、クルマだけではなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を採用している。

6年半ぶりの全面改良となる4代目プリウスの開発では、燃費40キロの達成をめざし、エンジンの効率化や車両の軽量化などを進めてきた。関係者によると、最も燃費が良いタイプで「40キロが測定できた」という。

現在国内で販売されているHVの最高燃費はトヨタのアクア(37・0キロ)。ガソリン車ではスズキのアルト(同)が最高だ。車のサイズでは大きい次期プリウスが、燃費でこれらをしのぐことになる。

Sponsored Link