4月1日からエコカー減税の内容が変わり、以前よりも内容がお得になっています。消費税が8%になったいまは売れるのはエコカー減税対象車だけなんでしょうかね?

◆自動車取得税
次世代自動車と平成27年度燃費基準+20%達成車は変更なく、100%免税。
平成27年度燃費基準+10%達成車はこれまで75%免税だったものが、新基準では80%免税に、平成27年度燃費基準達成車はこれまで50%免税だったものが、新基準では60%免税に。

◆重量税
次世代自動車と平成27年度燃費基準+20%達成車の初回車検時における重量税がこれまで50%免税だったものが、100%免税に。実はこの部分が今回の改正でお得になりました。

フィットのガソリン車、ヴィッツ、パッソ等が燃費向上で取得税と重量税を免税にしているのは今回の改正でお得感がアピールできるようになるからでしょう。



また、エコカー減税とは別に自動車グリーン税制というものもあり、こちらの内容も変わりました。こちらは登録翌年度の自動車税を減額するものです。

次世代自動車と平成27年度燃費基準+20%達成車かつ平成32年度燃費達成車は、これまで50%免税だったものが、新基準では75%免税に。平成27年度燃費基準達成車はこれまで25%免税だったものが、新基準では廃止され免税なしに。

ただ、自動車グリーン税制では「平成32年度燃費達成車」か否かがポイントになってきます。こちらは車の重量区分で燃費基準値が設定されています。コンパクトカーでは多くのモデルが平成27年度燃費基準+20%達成車かつ平成32年度燃費を達成していますが、重量が重くなってくるとハイブリッド車以外で「平成32年度燃費達成車」になるのは厳しくなってきます。

例えば、車重が1311kg以上1420kg以下の基準値では19.0km/Lとなっています。フリードであれなガソリン車は16.6km/L、ハイブリッド車は21.6km/Lですので、ガソリン車では達成できていません。

エコカー減税や自動車グリーン税制は難解なんで、セールスマンによく相談して下さい。