ネットにハイブリッド車を購入する心理、と題するニュースがあったので紹介したいと思います。

一般的にハイブリッド車は燃費が良くガソリン代がかからないからプリウスやアクアが売れています。しかし、カローラやフィットのように同じ車種でもガソリン車とハイブリッドがある場合、ハイブリッド車の購入率がかなり高くなっています。単純にハイブリッド車がガソリン車より高い価格分を償却しようとしたら条件次第では10年以上かかり、その頃には忘れしまっているはず・・・ではなぜハイブリッド車を購入するのか・・・

その理由として「固定費を極端に嫌いから」とありました。車の値段が高いにはたまの贅沢で仕方ない、でもガソリン代がかさむ日々は許せないとのようだ。うん~確かに。ハイブリッド車が売れているのは日本だけですし、海外ではあまり燃費は気にしません。

やはりまだまだハイブリッド車がガラパゴスなのか?