ハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

フィット

エコカーにも色々な種類がありますが、フィットのように同一車種でガソリン車とハイブリッド車が設定されている場合、燃費を比較すると、ハイブリッド車の方がカタログ燃費で2~3割優れており、実燃費でもその差がほぼ維持されています。実燃費は走行状態(走行条件)によって左右されますので、運転の仕方次第では同じ車種でも燃費にはバラつきが出ます。これは仕方ないことですがガソリン車の方が条件によっては燃費の上下幅が大きくなる傾向にあります、言い換えると走行条件で差が出にくいのがハイブリッド車の特徴になります。

また、カタログ燃費との差も重要になります。ハイブリッド車でもカタログ燃費を出すには非常に難しくだいたい7割が目安と言われていますが、運転条件によるバラつきが大きいガソリン車ではカタログ燃費は乗り方次第で半分になることもあります。私が以前乗っていたFit(1300ccガソリン車)では10km/Lを下回ることもたびたびありました。

日本特急の信号の多さによる発進・停止や渋滞に強いのがハイブリッド車の特徴です。ガソリン車は、ノロノロ運転の渋滞時でもエンジンはアイドリング状態で動いているのでガソリンを消費します。一方、ハイブリッド車はモーターで走るため、渋滞に遭遇してもエンジンを停止させれば燃費が悪化しません。都市部などでもハイブリッド車は非常に有効になります。

ただ、ハイブリッド車でもバッテリーの充電量が不足してこれば、エンジンを始動させてバッテリーを充電しながら走行しなければなりませんが、よほどの大渋滞でなければ、渋滞を抜けた後に回生充電ができます。また、ガソリン車が夏場にエアコンを稼働させるにはエンジンをアイドリングさせる必要がありますが、(例外もあります)ハイブリッド車はエアコンを電動コンプレッサーで稼働させますので、エンジンを止めてたままでもエアコンを使える車が多いのです。

逆に、発進・停止や渋滞が少ない郊外や高速道路の走行では、このようなハイブリッド車の強みは発揮しにくくなります。あなたの住んでいる環境が後者であれば車両価格の差を考えてからハイブリッド車にするかガソリン車にするか決めるのも良いと思います。

ハイブリッド車がアメリカやヨーロッパで売れない要因として渋滞する地域がそれほど多くないことや、ガソリン代が安いこともありハイブリッド車のメリットが生かせないからです。世界最大市場と言われる中国ではちょっと違っておりガソリン価格は日本と同じくらいですが、「走らない車はいらない」と考える人が多いようです。車を購入できる人というのはある程度のお金持ちなんですね、中国では。

このような事情からハイブリッド車は日本が一番進んでいることは間違いありません。

Sponsored Link