最新情報

燃費の良い乗用車 国交省が2016年のベスト10発表!

2017年3月29日|ハイブリッド

給油

2017年3月29日(水)、国土交通省が、2016年末時点で新車として販売されている乗用車の燃費(JC08モード燃費値)ベスト10を発表しました!

●普通・小型自動車ベスト10
・1位:トヨタ「プリウス」40.8km/L
・2位:日産「ノート」37.2km/L
・3位:トヨタ「アクア」37.0km/L
・4位:ホンダ「フィット」36.4km/L
・5位:ホンダ「GRACE」34.4km/L
・6位:ホンダ「SHUTTLE」34.0km/L
・7位:トヨタ「カローラ アクシオ」33.8km/L
・7位:トヨタ「カローラ フィールダー」33.8km/L
・9位:スズキ「ソリオ」32.0km/L
・10位:ホンダ「アコード」31.6km/L

※1位から10位まで全てハイブリッド車です。何とも・・・

●軽自動車ベスト10
・1位:スズキ「アルト」37.0km/L
・1位:マツダ「キャロル」37.0km/L
・3位:スズキ「アルト ラパン」35.6km/L
・4位:ダイハツ「ミラ イース」35.2km/L
・4位:トヨタ「ピクシス エポック」35.2km/L
・6位:スズキ「ワゴンR」33.0km/L★
・6位:マツダ「フレア」33.0km/L★
・8位:スズキ「ハスラー」32.0km/L★
・8位:マツダ「フレア クロスオーバー」32.0km/L★
・8位:スズキ「スペーシア」32.0km/L★
・8位:マツダ「フレア ワゴン」32.0km/L★

★:ハイブリッド車

●普通・小型自動車ベスト10(ハイブリッド車除く
・1位:マツダ「デミオ」30.0km/L☆
・2位:ダイハツ「ブーン」28.0km/L
・2位:トヨタ「パッソ」28.0km/L
・4位:フィアット「500」「500C」26.6km/L
・5位:日産「ノート」26.2km/L
・6位:ホンダ「フィット」26.0km/L
・7位:フォルクスワーゲン「up! 1.0/55kW (ASG)」25.9km/L
・8位:フォルクスワーゲン「cross up! (ASG)」25.2km/L
・9位:マツダ「CX-3」25.0km/L☆
・9位:トヨタ「ヴィッツ」25.0km/L

☆:ディーゼル車

Sponsored Link


ハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

2017年3月27日|ハイブリッド

フィット

エコカーにも色々な種類がありますが、フィットのように同一車種でガソリン車とハイブリッド車が設定されている場合、燃費を比較すると、ハイブリッド車の方がカタログ燃費で2~3割優れており、実燃費でもその差がほぼ維持されています。実燃費は走行状態(走行条件)によって左右されますので、運転の仕方次第では同じ車種でも燃費にはバラつきが出ます。これは仕方ないことですがガソリン車の方が条件によっては燃費の上下幅が大きくなる傾向にあります、言い換えると走行条件で差が出にくいのがハイブリッド車の特徴になります。

また、カタログ燃費との差も重要になります。ハイブリッド車でもカタログ燃費を出すには非常に難しくだいたい7割が目安と言われていますが、運転条件によるバラつきが大きいガソリン車ではカタログ燃費は乗り方次第で半分になることもあります。私が以前乗っていたFit(1300ccガソリン車)では10km/Lを下回ることもたびたびありました。

日本特急の信号の多さによる発進・停止や渋滞に強いのがハイブリッド車の特徴です。ガソリン車は、ノロノロ運転の渋滞時でもエンジンはアイドリング状態で動いているのでガソリンを消費します。一方、ハイブリッド車はモーターで走るため、渋滞に遭遇してもエンジンを停止させれば燃費が悪化しません。都市部などでもハイブリッド車は非常に有効になります。

ただ、ハイブリッド車でもバッテリーの充電量が不足してこれば、エンジンを始動させてバッテリーを充電しながら走行しなければなりませんが、よほどの大渋滞でなければ、渋滞を抜けた後に回生充電ができます。また、ガソリン車が夏場にエアコンを稼働させるにはエンジンをアイドリングさせる必要がありますが、(例外もあります)ハイブリッド車はエアコンを電動コンプレッサーで稼働させますので、エンジンを止めてたままでもエアコンを使える車が多いのです。

逆に、発進・停止や渋滞が少ない郊外や高速道路の走行では、このようなハイブリッド車の強みは発揮しにくくなります。あなたの住んでいる環境が後者であれば車両価格の差を考えてからハイブリッド車にするかガソリン車にするか決めるのも良いと思います。

ハイブリッド車がアメリカやヨーロッパで売れない要因として渋滞する地域がそれほど多くないことや、ガソリン代が安いこともありハイブリッド車のメリットが生かせないからです。世界最大市場と言われる中国ではちょっと違っておりガソリン価格は日本と同じくらいですが、「走らない車はいらない」と考える人が多いようです。車を購入できる人というのはある程度のお金持ちなんですね、中国では。

このような事情からハイブリッド車は日本が一番進んでいることは間違いありません。

Sponsored Link


ユーカーパックの中古車一括査定は個人情報が漏れない!

2017年3月20日|ニュース


ユーカーパックの中古車一括査定

 
下取り車を出す時、ディーラー以外で見積りをするときに利用するサービスが「下取り車の一括査定」で一番高い値段を付けたところが分かる、というものです。
 
車の買い替えをする時、燃費はじっくりと比較すると思いますが、下取車もどこが高額で買い取ってくれるか比較すると節約できます。その比較サービスの1つに上の「ユーカーパック」というものがあります。ローラさんがCMに出ていますので見た方もいるのではないでしょうか?
 
このようなサービスを利用すると時間の節約になるのですが、実は大変な思いをする事があります。私も大変な目に合いました・・・それは「個人情報が漏れる」ということです。当然と言えば当然かも知れませんが、何が起きたか?と言うと「申込した瞬間、買取店から大量の電話がかかってきました」早いところでは数分以内でした。「昼夜関係なく、しつこい営業電話がかかってききました」車検が切れるまで約半年間かかってきた会社もありました。ここまで来ると執念に思えてしましますが・・・
 
と言っても、下取り車の一括査定サービスは重宝しますので利用しない手はありません。しかし、個人情報が知られるのが嫌でよね。そんな点に注目した個人情報が知られないサービスとして登場したのがユーカーパックです。
 
ユーカーパックのシステムは、査定を近くの業務提携しているガソリンスタンドで行う、または出張査定、のいずれかです。そこで査定した金額でユーカーパックが窓口となって最大1000社から入札が入り、買取店同士がお互いの提示金額を閲覧できるのでその間で競争力が働き、より高額で車を売却する事が可能になります。そして、ユーカーパックからのみ連絡が入り、競合した業者から連絡が入ることはありません。つまり、業者は車の情報だけで入札し、落札後はユーカーパックとのやり取りとなる訳です。
 
査定は無料で行えますので、興味のある方はここから査定ができます。下取り価格の差分で浮いたお金は節約するも良し、家族で食事をしに行くのも良し、少しの手間で色々と楽しめます。4月以降は下取り価格も3月までのような高額になることはありませんので、利用価値はあるでしょう。

Sponsored Link


オートバックスプライベートブランドの低燃費タイヤ!「マックスランエバーロード」

2017年1月16日|ニュース

マックスランエバーロード
 
オートバックスが、専売低燃費タイヤ「マックスランエバーロード」が発売中。価格はオープンプライスで、サイズは13インチ~18インチの37種類。全サイズでJATMA(日本自動車タイヤ協会)によるタイヤラベリング制度の転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「c」に適合しています。
 
マックスランエバーロードは実はダンロップタイヤが国内で生産しています。専売タイヤだからと言って海外製でもない。価格はオープンプライスだが、国産メジャータイヤよりは安くなりそうです。経費を安くでも性能は落としたくない、と思ったらマックスランエバーロードも候補の1つにしてはどうだろうか?
 
なお、イエローハットから発売中のPBタイヤecofineは、タイヤラベリング制度の転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「c」に適合しており、マックスランエバーロードと同じ。製造元はYOKOHAMAタイヤとこちらも国産。
 
ここまでくると、製造元が大手国産タイヤメーカーであれば、何がちがうのか?と疑問が出ます。
 

低燃費タイヤギリギリがPBブランド

 
これらのPBタイヤのラベリングは、転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「c」、と低燃費タイヤギリギリ。一方のYOKOHAMAタイヤの「BlueEarth EF20」やダンロップタイヤの「エナセーブ NEXTⅡ」は、転がり抵抗性能「AAA」、ウェットグリップ性能「a」、と低燃費タイヤ最高!と性能の差は歴然です。となると選ぶ基準は価格が安い事になるでしょうね。
 
価格だけであれば、BSやYOKOHAMAやダンロップからも転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「c」の安いエコタイヤは発売していますので、比較してみるとお宝価格が見つかるかも?です。

Sponsored Link


ハイブリッド車の燃費は2018年以降は現在より落ちる!

2017年1月7日|ハイブリッド

プリウスE
 
ハイブリッド車の燃費は2018年以降は現在より落ちる!と言っても実際に悪化する訳ではありません。燃費の測定方法が変わり相対的に現在の測定方法よりも落ちるという事です。
 
日本国内における普通自動車の燃費は、国土交通省の規定で2007年から10・15モード燃費により測定されていました。しかし、加速にかける時間が極めて長い(つまり加速不足)、測定するスピードが一般的な公道よりも低いなど実際の使用条件と乖離しており、カタログでの数字と実際の使用下での数字の差が大きく異なっていた。
 
そこで、2011年4月1日以降に型式認定を受ける自動車について使われたJC08モードでは、より実際の走行パターンに近い測定法を実施すようになっています。測定時間も倍近く長くなるほか、平均時速も高められ、最高速度も70km/hから80km/hに引き上げられた。重量区分についても10・15モードよりも細分化されています。しかし、JC08モードでも実際の燃費とハイブリッド車やアイドリングストップ車ではまだ乖離している傾向にある。
 
一方、欧米の車のカタログ燃費は実際との乖離が小さい傾向にある。2018年からは新しいWLTPと呼ばれる燃費測定規格に変更となる予定がある。WLTPとは「Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure」の略で、世界各国でバラバラだった燃費基準を国際基準に統一しようというものです。つまり、WLTPによって国産車も実際との乖離は小さくなりますが、これまで燃費測定に有利だったアイドリングストップ機構搭載車やハイブリッド車のカタログ値の燃費は落ちる傾向になります。
 
具体的にJC08モードとの相違点を列記すると、まず平均速度が24.41km/hから36.57km/hに、最高速度も81.6km/hから97.7km/hに上がる。逆にアイドリング時間は、アイドリングストップ装置などの普及を考慮して29.7%から15.4%に減少する。そして、大きな違いはコールドスタート比率だ。JC08モードで25%だったコールドスタート比率が、WLTPでは100%となる。つまり、完全にエンジンが冷え切った状態から試験が始まる。自動的に暖機運転が始まるので燃費は悪化するのです。
 
また、試験車両の重量区分が変更となり、これまでの区分重量(971~1080kgまで)から実際の車重でテストする。例えば、燃料タンクを小さくして極端な軽量化で40km/リッター燃費を達成した新型プリウスEグレードのような燃費スペシャルの実際はほとんど購入しないようなグレードの車は意味を生さなくなる。
 
より実用燃費に近い試験法に変わるのはユーザーからすると非常に嬉しいものです。

Sponsored Link


マイカーを大掃除しよう

2016年12月12日|日記

今年の12月は非常に暖かい!例年なら寒くて車の洗車なんかやってられないよ~。
ってなるのですが今年は違う。早速大掃除を開始!

大掃除なので、外回りと内装を行います。1台あたり2時間かかりそう・・・

ボディーとタイヤの洗車

ケルヒャー高圧洗浄機

水洗いでボディーの埃や汚れを落としますが、ケルヒャー高圧洗浄機を使います。
隙間に入った汚れ、ボディー下、タイヤハウス内、グリルやバンパー、アルミホイール等々は高圧洗浄機が非常に重宝します。

なお、今回はアルミホイールはスタッドレスタイヤに交換したばかりであまり汚れていないため、ブラシは使わず高圧洗浄機だけにしました。それに、夏用タイヤに戻す際に外して洗うので問題なしです。

洗車グッズ

使用する洗剤は写真右側のSOFT99を使用。この洗剤はまとめて一気に洗車しても最初に洗った部分が乾燥して洗剤残りが発生しにくいのでオススメです。しかし、この時期の水は冷たい!ゴム手袋を使う方も多いですが、100均とかのビニール手袋が使い捨てでオススメです。洗車後には拭き上げ、Glacoでガラスに撥水コートをします。残っていると気づかず新らしく購入してしまい2つになってしまった・・・形状は違いますが性能は同じ、作業性が良いのは手前のスティックタイプかな。

撥水コートは新車で施工してくれます。しかし、時間経過すればワックスと同じで剥がれてしまうので定期的な処理が必要になります。剥がれても問題ないのですが、冬場は窓に霜が付きにくくなるので私には必需品になっています。

一番痛感するのは、仕事帰りに会社の駐車場で霜を落とす作業。寒い中やってられません。撥水コードしていないと削ってデフロスターで温めて・・・と時間かかります。撥水コードも完ぺきではないですが、霜を落とすには楽ちんです。写真のタイプで約半年持ちます。

タイヤワックス

次にタイヤワックスです。写真左がスプレーして泡で落とすタイプで拭き取りが不要。写真右は液体でスプレー後、スポンジを使ってタイヤ全体に塗り込みします。カーショップで良く見かけますね。

どちらも良いのですが、それぞれ長所と短所があります。

泡タイプは拭き取り要らずでスプレー後は放置するだけの手間いらず、しかし、汚れが垂れてきて駐車場が汚れます。舗装していない砂利の駐車場で洗車するなかOKでしょう。それと乾くまで待つ必要があります。乾かさずに運転するとボディーに液体が飛び散りします。

タイヤワックス前
タイヤワックス後

スポンジで塗り込むタイプは手間がかかる事、一番下になっているタイヤの箇所は変形しているのでそのままでは上手く塗れません。車を少し移動させてから塗る必要があります。こちらは直ぐに運転できるのがメリットになります。

今回はスポンジで塗り込みました。上の写真がワックスの前後です。光沢はありますが、泡タイプだともっと光沢感があります。どちらを選ぶかはあなたの環境次第でしょう。

水の垂れ跡

また、車によっては水の垂れた跡が上の写真のように付きます。これを落とします。

水の垂れ跡
水の垂れ跡

今回は鏡面仕上げ剤で拭き取り、あっさりと完了です。なお、セラミックが入っていますので汚れは落としやすいですが、コーティング施工車には使って良いか分かりませんので注意して下さい。業務用なので問題ないのかも知れませんが不明です。

これで外回りの洗車が終了です!

内装のそうじ

内装はまず掃除機でごみを吸い取りします。ガソリンスタンドにある1回100円の掃除機が吸引力が強力でオススメします。しかし、行くのが面倒な私は家庭用の100Vタイプの掃除機を使います。いわゆる普通の掃除機を車に使っています。ただ、車専用に1台用意して家用とは分けています。

なお、以前は、DC12Vタイプのハンディー掃除機を試しましたが吸引力が弱くて使い物になりませんでした。

内装のそうじグッズ

掃除機が終わると内装の拭き取りです。水を絞った濡れ雑巾でもOKですが、使い捨てのそうじクロスを使います。拭き跡の残らないし、洗濯する必要が無く、窓ガラス以外に使えます。(写真右)特にシートに残った繊維、ナビの液晶画面の指紋、に重宝しています。

そして、窓ガラスには専用のクリーナーを使います。(写真中央)。特にフロントガラス内側を拭くときは拭き残しが目立ちますので注意しましょう。コツはクリーナーを使って2回拭いたら3回目、4回目は乾拭きをしっかりすることです。ここをサボると逆光になった時に拭き残しがキッパリと目立ってきます。と去年は書いていますが、その後色々試した結果、結局は水拭きが一番落ちるという結果に、クリーナーの出番はなくなりました。なんか騙された感じが・・・

最後に樹脂系の部品にはクリーナ兼光沢剤(写真左)を使います。このクレポリメイトは使い易いのでオススメです。抗菌効果もあるし、持続します。

もっと拘り始めたらもっと掃除できますが、今回はこれで終了です。2台あると流石に疲れました。

Sponsored Link


ETC2.0車載器購入助成キャンペーンが12月27日で終了になりますよ

2016年12月7日|ニュース

ETC2.0車載器購入助成キャンペーン

NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)で実施中のETC2.0車載器購入助成キャンペーンのうち、業務用車両以外を対象としたものについて、ご好評により想定以上の助成申込をいただき、2016年12月中に当初の助成予定台数の5万台に到達する見通しとなりました。
そのため、2016年12月27日(火)までの申込分をもってキャンペーンを終了することとなりましたのでお知らせいたします。
なお、助成予定台数の5万台を超えた場合でも、2016年12月27日(火)までは助成対象として受付を継続いたします。

との事です。

当初の予想より大幅に前倒しになった背景には、1台に1万円を助成するという点から、ETC2.0は、ナビゲーション・システムとセットで使うことで最大の効果が得られるため、このような組み合わせの新規購入には向かないと思っていても割安感から購入が増えたのでしょう。

トラックやバスなどナビゲーションの使用を前提としない車載器単体での購入、その後市販が始まった二輪車専用2.0車載器も対象に加わった事、特に二輪車専用車載器はナビゲーションとの連動機能がないため、最安値の日本無線製JRM-21が助成を受けることで1万5704円(税込)となる。最新の車載器が、ほぼ従来のETCと同額で購入できるため関心も高かったことが理由に挙げられる。

心理としてETC2.0とETCの違いが良く分からず、恩恵を受ける機会も少なければ、安いETCを購入してしまいます。しかし、助成金が出て価格差が無くなるのあれば、最新のETC2.0を買おう、となっても不思議ではありませんね。

ということで、検討中の方はお早めに!受付はキャンペーン終了日の12月27日、店頭申し込み分まで可能です。

Sponsored Link


燃費の良い乗用車 国交省が2016年のベスト10発表!

2017年3月29日(水)、国土交通省が、2016年末時点で新車として販売されている乗用車の燃費(JC08モー・・・

ハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

エコカーにも色々な種類がありますが、フィットのように同一車種でガソリン車とハイブリッド車が設定されている場合、・・・

ユーカーパックの中古車一括査定は個人情報が漏れない!

  下取り車を出す時、ディーラー以外で見積りをするときに利用するサービスが「下取り車の一括査定」で一・・・

オートバックスプライベートブランドの低燃費タイヤ!「マックスランエバーロード」

  オートバックスが、専売低燃費タイヤ「マックスランエバーロード」が発売中。価格はオープンプライスで・・・

ハイブリッド車の燃費は2018年以降は現在より落ちる!

  ハイブリッド車の燃費は2018年以降は現在より落ちる!と言っても実際に悪化する訳ではありません。・・・

マイカーを大掃除しよう

今年の12月は非常に暖かい!例年なら寒くて車の洗車なんかやってられないよ~。 ってなるのですが今年は違う。早速・・・

ETC2.0車載器購入助成キャンペーンが12月27日で終了になりますよ

NEXCO東日本/中日本/西日本(NEXCO3社)で実施中のETC2.0車載器購入助成キャンペーンのうち、業務・・・

ウィンドウに付着した氷や霧の溶かし方

ウィンドウに付着した氷や霧の溶かし方 これからの冬の季節になると雪が降らない地方の方でも夜仕事が終わって車に行・・・

冬はバッテリー上がりに注意

冬の朝、出勤しようとエンジンを回す「キュシュン、キュシュン」あれ?かからない。昨日までは問題なかったのに・・・・・・

中古スタッドレスタイヤ購入時の注意点

今年の冬の到来は早そうですね。札幌では11月上旬としては過去一番の積雪を記録しました。本州では冬の到来はまだで・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ